トップ

葬儀の形式と費用

葬儀にかかる費用と内容

葬儀のプランと費用の違い

葬儀の形も変わり今では、いろいろなプランがあります。以前は、一般葬を行うのが当たり前で、その他の形を考える事もありませんでした。しかし、今では家族葬や一日葬や火葬式などの形もあり、選ぶ事が出来ます。家族葬や一日葬や火葬式などは、一般葬より費用が安くなる事で遺族の経済的負担を軽減出来る、だけではなく、残された遺族の精神的負担も軽減する事が出来ます。どの葬儀の形にするかにより費用面でも大きな違いがありますから慎重に選ぶ必要があります。遺族の予算や、亡くなった故人や遺族の意思によりお葬式も選べる時代になって来ました。

費用と内容がはっきりした葬儀

費用が漠然としているのが従来の葬儀プランの特徴と言えます。そのため料金についてのトラブルが多く、施行の当日は担当者の勧めに応じてプランを選んだけれど後になってその請求額に愕然としたというケースがよく見られます。こうしたトラブルの大半は、葬儀プランの内容と費用とりわけ追加料金用についての説明があれば防げるものです。最近のお葬式では、定額化された料金とセットされている内容が明確なプランが人気です。お葬式に必要な物が全て入った上での料金がはっきり提示されているので、安心して施行をお願いすることができます。

葬儀の費用に関する情報

新着情報

↑PAGE TOP